【ハイパーチャレンジ】カプ・ブルルの攻略法!

今回の更新でカプ・ブルルのハイパーチャレンジが開催されました。

今回はカプ・ブルルの攻略記事を書いていきます。

 

ステージの特徴

HPは約22000

手数は12手

第5ポケモンとしてエルフーン

捕獲率2%+残り手数×4%

1回の挑戦には2ライフ必要

[PR]

スタート時のオジャマ

初期配置として鉄ブロック10個と岩ブロック2個が並んでいます。

 

バトル中のオジャマ

2ターン後に、特定個所に鉄ブロック10個と岩ブロック2個を出すオジャマを2回まで出してきます。

その後は、

・3ターン後(オジャマ遅延をしていない場合は2ターン後)にランダムで鉄ブロックを8個

・3コンボ以上で中央縦2列に鉄ブロック10個と岩ブロック2個出すオジャマを3回まで

を繰り返してきます。

 

メガシンカ軸の選び方

汎用性の高いメガレックウザいろちがいのすがたが最有力でしょう。次点ではメガバンギラス、オジャマの鉄ブロックを活用するならばウィンクメガオニゴーリも候補でしょう。

その他ポケモンの選び方

鉄・岩・オジャマポケモンと妨害レパートリーが厳しいため、どれか1種類以上は対策スキルがあると安心できます。先週開催されたオンバーンやスカイフォルムシェイミは活躍が見込めますが、量が量なので場合によっては裁ききれず失敗するケースもあるのでなるべくアイテムのフォローをしつつ、オジャマガードかパズルポケモン-1を妥協する時に候補に入る程度でよいと思います。

 

バトルの戦略

序盤はY字に設置されてある、鉄・岩ブロックを岩ブロックのあるところから処理しつつ盤面を広げていき、各種倍率ダメージスキルを活用しながら攻撃する。中~終盤以降はオジャマを活用する形ならば、極力キーポケモンは残しつつダメージを与えていき、それ以外ならばなるべくメガシンカ効果や鉄ブロック対策のポケモンを活用しつつダメージを与える。オジャマは必ず岩ブロックの個所があるため、そこを中心に消し盤面を少しでも広げる。

 

スキルの発動率

それぞれの能力の発動率は以下の通りです。

ブロックはじき ・・・3マッチで60%、4マッチで100%、5マッチで100%

はじきだす ・・・3マッチで60%、4マッチで100%、5マッチで100%

おくりび ・・・3マッチで50%、4マッチで100%、5マッチで100%

さいごのちから ・・・3マッチで50%、4マッチで100%、5マッチで100%(発動後残り3手以下の時)

むしのしらせ ・・・3マッチで60%、4マッチで80%、5マッチで100%(発動後残り3手以下の時)

 

 

初心者向け攻略

最近始めたばかりでまだ強力なポケモンがいない人のための攻略チャートです。

ですが可能ならアイテム全部を導入し、レベルを最大にまで上げた状態で挑戦し一発で捕獲することを推薦します。

 

必要ポケモン

メガ軸

先週メガディアンシー黒を手に入れたプレイヤーはメガディアンシーいろちがいのすがたも候補

 

おくりび軸

等々 ワカシャモと、攻撃力の高い炎タイプ2匹

 

その他

等 先週ドデカバシやシェイミSを捕獲しているプレイヤーはそれらも候補

 

正直ジュナイパーの一部のステージと共有できます。

 

・自分のニーズに合うメガストーンとメガシンカ前のポケモンを手に入れる

・自分のパズルLvとメンバーのLvに応じて、必要なアイテムの合計分のコインを貯める

・基本はバトルの戦略参照

・メガリザードン型は自身のメガシンカ効果の関係上開幕は処理できたら有利にはなるが、あまりコンボがしにくいメガシンカ効果のため、サブは炎統一にした【おくりび】型にするか、高倍率ダメージスキルを入れつつ、鉄ブロック対策持ちも入れておく。

メガオニゴーリ軸・メガゲンガー軸はより処理がしにくいため、対鉄対策ポケモンは必須。

 

※上記のメンバーはステージ150までで出てくるポケモン、エキストラ、イベント中のポケモンで構成されているため上記のポケモンより強力なものを持っている場合はそれらを採用してもかまいません。

 

アイテム使用基本目安

個人差や盤面の状況など変化はあるとは思いますが、ノーアイテムでそのレベルを挑戦し

8~9割削れたら もう一度挑戦orLvあげ

6~8割 メガスタートorオジャマガード

4~6割 パワーアップ

2~4割 パワーアップ・メガスタートorオジャマガード

1~2割 経験値1.5倍以外のアイテム全て or メンバーを見直し、強化する

で捕獲はできるかとは思います。

 

ポケモンデータ

友達に教えてみよう!

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。