ステージ256ゴーゴートを攻略!オジャマを有効に使おう! 3DS

スポンサーサイト

今回はXYから登場した草タイプのポケモンゴーゴートを攻略していきます。

進化前のメェークルと共にオジャマをしてくる強敵です。

WVW69jAlH0sjd1wCq9

ステージの特徴

・HPは約19000

・手数は20

スタート時のオジャマ

・柵のような配置の岩ブロックのオジャマが21個

・メェークルが9匹

・ゴーゴートが5匹

WVW69jAlIIM3Iospp9

バトル中のオジャマ

3ターン毎にメェークルかゴーゴートを5匹出現さてきます。

WVW69jAlLegS8ilD8u

また、ダメージを9000程与えると、縦1〜2列にバリアを張るオジャマをしてくるようになります。

WVW69jAlMYoyqkGUfO

メガ進化枠の選び方

ゴーゴートは「くさ」タイプなので、相性のいいタイプは「こおり」「どく」「ひこう」「ほのお」「むし」となります。

これまでに登場しているメガ進化ポケモンにはメガオニゴーリとメガへラクロスがいます。

どちらでもクリア可能なので好きなポケモンで挑みましょう。

イベントでメガリザードンYなど、ばつぐんが取れるタイプのメガ進化ポケモンをGETしている人は採用するとよいでしょう。

 

その他のポケモンの選び方

ばつぐんが取れる「こおり」「どく」「ひこう」「ほのお」「むし」タイプの中から攻撃力の高いポケモンを選びましょう。

「4つのちから+」のベトベトン、「むしのしらせ」のゲノセクトかへラクロス、「バリアけし」のクレベースなどがおすすめです。

「4つのちから+」はダメージを3倍します。

「むれをなす」は、効果が発動したポケモンと同じ種類のポケモンの数×50のダメージを追加で与えるというものです。

例えば、パズル内にへラクロスがマッチさせたもの以外に7匹いれば、350ものダメージを追加で与えることが出来ます!(マッチして効果を発動させたポケモンは数には入りません。)

また、この能力によるダメージはタイプの相性による変化を受けません。バツグンを取れても、いまひとつでも上の例では350のダメージが追加されます。

イベントでレシラムをGETしている方は優先してメンバーに入れましょう。

「バリアけし+」によってさらにバリアを早く破壊できます。メンバーに入れる場合はクレベースを抜きましょう。

能力の発動

上に挙げたそれぞれの能力の発動率は以下の通りです。

4つのちから+ ・・・4マッチで80%
むれをなす  ・・・3マッチで20%、4マッチ以上で100%
バリアけし  ・・・必ず発動
バリアけし+ ・・・3マッチで50%、4マッチ以上で100%
※発動率は3DS版のものです。スマホ版では若干異なることがあります。

バトルの戦略

バトル開始時にはゴーゴートかメェークルしか揃えられません。

●ゴーゴートを先に揃えるとゴーゴートをすべて消すことが出来ますが、パズルエリアは狭くなり、次のターンにメークルを動かすことがほぼ必須になります。

▲右上のメェークルを中央に揃えるとパズルエリアが広がってその後の選択肢が増えますが、以降ゴーゴートをすべて消すのが難しくなります。

最初の1手は好みによりますが、今回は▲のメェークルを先に揃えることをお勧めします。

1手目が終わった後はダメージが上がる能力の発動を狙いつつポケモンをメガ進化させていきます。

ポケモンを出現させるオジャマが来たときは、ゴーゴートの場合は早いうちに消しておきましょう。メェークルの場合はもう一方のオジャマに有効な能力があるので、そのオジャマが来るまでは放っておいてもいいです。

バリアのオジャマが来た時には「バリアけし(+)」を発動させつつ、上方のバリアから優先して消していきましょう。

メェークルの能力は「バリアけし」なのでオジャマポケモンではありますが役に立ってくれるでしょう。

このポケモンはHPが高いので、ただコンボさせるだけでは倒しきれないことがあります。ダメージが上がる能力はしっかりと発動させるようにしましょう。

Sランクを目指すなら

残り手数10以上でSランクです。

「手数+5」でもSランクは取れますが、このポケモンはHPが高く、コンボがある程度起こってくれないとSランクが取れない場合があります。

一度で確実に取りたいのであれば「メガスタート」と「オジャマガード」も合わせて使いましょう。

しっかり準備して目指せSランク!

 

ポケモンデータ

スポンサーサイト

友達に教えてみよう!

コメント一覧 (1)

最新コメントを読み込む
  • 3アイテム併用しても、確定Sではないです(´;ω;`)
    三回やってもできないって、俺どんだけ運悪いねん(;´・ω・)

コメントお待ちしております